個人再生 弁護士 司法書士

お金や借金の相談を全国や地方在住の方がするなら?

借金返済の悩み

債務の問題、借金の悩み。
借金・お金の悩みは、自分だけではどうしようもない、大きな問題です。
ですが、司法書士・弁護士に相談するのも、少し不安な気持ちになるものです。
当サイトでは全国や地方で借金・債務のことを相談するのに、お勧めの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを利用して相談できるので、初めての相談という方も安心です。
また、全国や地方の法律事務所や法務事務所もいくつかピックアップしているので、そちらも参考にしてください。

借金や個人再生の相談を全国や地方在住の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の多重債務・借金返済問題の相談なら、こちらの事務所がお勧めです。
弁護士対応で、全国に対応している法律事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金取り立てのSTOPも可能。
過払い金、自己破産、任意整理、個人再生、など、債務の問題について無料で相談することができます。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で悩んでいる人も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、債務や過払いの問題が相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分にピッタリのやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
それと、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から支払を清算できます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などを一切取らないので、お得に解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性も安心して相談できます。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国対応の司法書士事務所なので全国や地方の方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まず、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



全国や地方近くの他の法律事務所や法務事務所を紹介

全国や地方には他にもいくつかの法律事務所・法務事務所があります。参考にしてみてください。




全国や地方にある地元の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

全国や地方在住で多重債務や借金返済に弱っている状態

借金があんまり大きくなってしまうと、自分一人で返済するのは難しい状況になってしまいます。
アチラで借り、コチラでも借り、多重債務で借金がどんどん膨らんでいくと、もやは金利を払うのすら辛い…。
1人で返済するぞと思っても、どうしようもないものはどうしようもありません。
親や親戚などに頼れればましですが、もう結婚していて、奥さんや旦那さんに内緒にしておきたい、なんて状況なら、さらに困ることでしょう。
そんなときはやはり、弁護士・司法書士に依頼するしかありません。
借金を返済するための知恵や方法を捻り出してくれるでしょう。
月ごとの返済金を減額してもらい、長期で返済したり、過払金を返してもらい、返済金額を減らしてもらったり、などです。
どうしようもない状況なら司法書士や弁護士に相談してみましょう。

債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|個人再生

債務整理にも色々な手段があり、任意で信販会社と話しする任意整理と、裁判所を介す法的整理である自己破産や個人再生と、ジャンルが有ります。
ではこれらの手続きについて債務整理のデメリットというものがあるのでしょうか。
これ等3つの手法に共通している債務整理デメリットとは、信用情報にそれらの手続をした旨が記載されてしまう事です。いうなればブラックリストというような情況になるのです。
すると、ほぼ五年から七年くらいの間、ローンカードが作れず借入が不可能になったりします。とはいえ、あなたは支払い金に日々苦しみ続けてこれ等の手続をする訳ですから、暫くは借入れしない方がよいのではないでしょうか。じゃカードに依存し過ぎる方は、むしろ借入ができない状態なる事で出来ない状態になる事によって救済されるのじゃないかと思われます。
次に個人再生、自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続きをやったことが掲載されてしまう事が上げられるでしょう。とはいえ、あなたは官報など読んだ事があるでしょうか。逆に、「官報とは何?」といった方のほうが殆どじゃないでしょうか。
実際、官報は国が作るする新聞のような物ですけれども、信販会社等々の極一部の人しか見てません。だから、「自己破産の実態が近所の人に広まる」などといったことはまず絶対にありません。
終わりに、破産特有の債務整理の不利な点ですが、一遍破産すると7年間は二度と自己破産できません。そこは十分留意して、2度と自己破産しないように心がけましょう。

自己破産のリスクって?/個人再生

はっきし言って世間一般で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないです。高価な車、マイホーム、土地等高価格なものは処分されるが、生活する中で要るものは処分されないのです。
又20万円以下の貯蓄は持っていてよいのです。それと当面の数カ月分の生活に必要な費用100万円未満ならば持って行かれることは無いのです。
官報に破産者のリストとして掲載されるがこれもごく一部の人しか見てないでしょう。
また言うなればブラックリストに掲載されしまい7年間ほどはローンやキャッシングが使用できない情況となるが、これは仕方が無い事でしょう。
あと決められた職につけないということがあるでしょう。しかしながらこれもごく少数の限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返金することが不可能な借金を抱え込んでるのならば自己破産をするのも一つの手法なのです。自己破産を実施したならば今までの借金がすべてチャラになり、心機一転人生をスタートできるということで長所の方がより多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし司法書士や弁護士や公認会計士や税理士などの資格はなくなります。私法上の資格制限として後見人、保証人、遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれないでしょう。けれどこれらのリスクはさほど関係ないときが多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きな物では無いはずです。

関連ページ